• 講座を受けたい方
  • 施設を利用したい方
  • 相談したい方
  • キラッ★とよたの取組み

キラッ★とよた Topics

キラとよカレッジ・豆知識 9月

お知らせ

 | 

2022年08月31日

キラとよカレッジから、あなたの学びをサポートする情報をお届けします。

 

キラとよカレッジとは、キラッ☆とよたが開催する老若男女幅広い方が参加できる学びの場で、年間60以上の講座を開催しています。豆知識では、男女共同参画・働き方改革・女性活躍・コミュニケーションなどの分野から気になる言葉をピックアップし紹介しています。

今月の豆知識

 ♦男女共同参画分野「女性目線での避難所対策」

地震や水害などで、避難所生活を強いられる情報も多く心配な日々です。
コロナ感染症対策も必要で、避難所運営も様変わりしてきました。
避難所生活をしなくてはならない時の、女性ならではの困り事を確認しておきましょう。

<必要なもの>
食料、応急処置道具などはもちろんですが、男性には気付きにくい必要品もあります。
  →→ 衛生管理品(生理用ナプキン、身だしなみ品など)
小さな子ども、高齢者、障がい者、アレルギーの有無によっても追加する物があります。
これらは、女性に特化したことではありませんが、普段の生活でのお世話担当は女性が
多いため、男性は気付きにくいと言えます。

<避難所での問題点>
・プライバシーが保てない・・・着替える場所、洗濯ものを干す場所、授乳時など。
   限られたスペースしかなく、男性などの人目が気になりストレスを感じやすい。
・性犯罪が起こりやすい・・・トイレ、お風呂など。
   男女共用であったり、夜間は暗く、監視が行き届かない。不安が募る。
・避難所運営者に意見が言いにくい・・・問題があっても我慢したり、責任者が男性だと
   相談しにくい。性別で役割が分担される。

突然の災害時では安全や食べる事が最優先ですが、日数が経過し避難所生活が日常化す
ると、衛生や健康、美容面など人に言いにくい問題も浮上してきます。
いざという時に困らないように、男女とも、普段の町内会議や避難訓練の時から積極的に
参加し、意見を伝える意識を持つことが大切ですし、様々な意見を聞き入れ理解するよ
う心掛けることも必要です。

 

 

 

キラッ★とよた とよた男女共同参画センター

〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町1-25(産業文化センター2F)

開館時間9:00~21:00〔火~土〕
9:00~17:00〔日曜日〕
TEL0565-31-7780
FAX0565-31-3270
Eメールお問い合わせからご連絡下さい。
休館日毎週月曜日
(ただし月曜日が祝日の場合は17時まで開館)
年末年始
ページトップ

All Rights Reserved. Copyright(C) 2016とよた男女共同参画センター(豊田市)k